1年で驚異の1000時間学習!英会話習得に「トライズ」をオススメする3つの理由とは!?

海外で英語を話そうとすると、日本の学校教育の英語力では通用しません。中高の教育で周1回の授業で英語をマスターする事自体が無理な話で、本当にネイティブな英会話をマスターするためには約2200時間も掛かります。英語圏で生まれた子供が3歳になるころにはかなり自由に母国語が使えるようになるのは、毎日家族と接して話をしているからです。日本人が日本国内でネイティブな英会話を習得するにはそれなりの工夫が要ります。

 

1000時間の英語学習

「トライズ(TORAIZ)」では脅威の1年で1000時間の英語学習が可能です。多くの日本人は学校教育で約1,200時間の英語授業を受けているので、これで2200時間を達成できます。通常の週1回英会話教室ですと、なんと29年も要してしまい、いつまで経っても英会話が向上しません。また、自分一人で学習しようとしても、ほとんどが数ケ月で挫折してしまいます。「トライズ(TORAIZ)」ではこうした欠点を払拭するために、効果的で徹底した指導を行います。

徹底したサポート

「トライズ(TORAIZ)」では月間80時間のハードスケジュールで学習できますが、その継続率が92.4%もあるのは、サポート体制が充実しているからに他なりません。サポートがなければ、独学と同じように挫折してしまうでしょう。それほど強固なサポート体制です。

コンサルタントがカウンセリングを行い、各自に適したコースを奨めてくれますし、専属コンサルタントのサポートが付きます。コースには、Skypeレッスン、グループレッスン、英会話テスト「Versant」、スピーキング学習、シャドーイング学習などがあり、また専属コンサルタントが学習進捗チェックとアドバイスをおこなってくれます。映像教材やテキスト教材も充実していますから、飽きる事無く楽しんで英会話を習得できます。

無理のない目標設定だからこそ達成可能

璧なネイティブ英会話を習得しようとするとほとんどが失敗に終わります。実は完璧なネイティブ英会話でなくても、ネイティブ並みの英語を目指すだけで、海外でのビジネスや生活に支障を来すことは全くありません。世界中の英語を話す人の78%は非ネイティブで、それでも何ら問題なく通用しています。完璧を目指すあまり挫折する、これを払拭させるのが「トライズ」の教育目標であり、実際学習を続けた方達は海外で活躍されています。

 

このように、適切な目標設定と徹底したサポートにより、継続率も非常に高く、学習を終えた方が海外で活躍されているのも納得出来ます。英会話は自分には無理だと諦めていた方は試してみて下さい。受講料割引・全額返金保証などの特典もあります。

 

【30日間返金保証】トライズの申し込みはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です