一人ひとりに合わせてカスタマイズ!「トライズ」の教材の特徴とは

巷にあふれる英会話教材を大きく分けると、「旅行英会話」、「日常英会話」、「ビジネス英会話」になります。「旅行英会話」は、ショッピング、ホテルの予約、道順を聞くと言った会話に主力を置いているため、とても限定された場面での会話になります。そのため、多くの教材が定型文の単語を入れ替えるという、パターンプラクティス方式を採用しています。これに対して、「日常英会話」や「ビジネス英会話」では様々な場面に対応することが必要なため、教材を作成する側は、常に試行錯誤を繰り返し、次々と新しい教材が販売されています。

その人のニーズに合った教材が必要

ビジネスでは、プレゼンテーション力や交渉力が必要になってきますが、プレゼンテーションや交渉を行なう場面では、相手から予想していなかった質問を受けたり、反対意見を言われたりすることはよくあることです。そのため、ビジネス英会話では、どんな場面でも動揺することのない会話の応用力と瞬発力をマスターすることが不可欠と言えます。
更に、業種や職種によって、必要な知識は異なって来ますので、業種や職種に合った教材でなければ、仕事で役立ちません。例えば、経理の仕事を行なっている人にとっては、経理の専門用語や経理の仕組みを知っていることは絶対に必要なことですが、そうでない人にとっては、必ずしも必要なことではありません。

トライズの教材6つの特徴

それでは、ビジネス英会話のマスターを目的としている「トライズ」の教材や学習プログラムには、どんな特徴があるのでしょうか?以下の6つが特徴としてあげられています。

1. ネイティブ講師を交えた少人数のグループディスカッション(週1回)

2. 日本人コンサルタントによる学習の進捗状況や予習・復習のアドバイス(週5回)

3. Versant定期試験で学習成果を確認(月1回)

4. ネイティブ講師とのSkypeレッスン(週2回)

5. 各個人の目的に合わせた教材でスピーキングレッスン(週5回)

6. シャドーイングでリスニング力アップ(週5回)

中でも、各個人の目的に合わせた教材を選んで使っている点と、グループディスカッションやSkypeレッスンを通して、予想していない質問や意見に対応する英語力アップを目的として用意されている点は、効率的にビジネス英会話をマスターするための必要条件が満たされている教材と言えるでしょう。

あなたの目的に合わせた教材を使った学習が可能なトライズで、遠回りすることなく仕事に役立つ英語のブラッシュ・アップをしてみてはいかがでしょう。

【30日間返金保証】トライズの申し込みはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です