ビジネス英会話の「トライズ」の料金を自己投資として考えてみる

1年間でビジネス英会話をマスターできると評判の「トライズ」ですが、料金を確認するとそれなりの値段がしますよね。ビジネスで英語を使う場合と、そうでない場合では給与にかなりの差が出てくるという説もありますが、どうなのでしょうか?トライズの料金について、自己投資という視点で考えてみたいと思います。

英語力があれば給与はアップするの?

よく、英語を使う仕事と使わない仕事では、英語を使う仕事の方が給与が高いと言われていますが、これは本当でしょうか?給与は業界や職種によって違いますので、必ずしもそうとは言えませんが、求人サイトに掲載されている求人を見る限りでは、同じ職種の場合、英語力が必要な求人の方が高めの場合が多いようです。経理スタッフの求人を例にとってみますと、英語力が必要とされない求人の場合は、年収は350万円~450万円、ビジネスレベルの英語力が必要な場合は、450万円~640万円となっていますので、英語力が必要な場合の方が高めになる傾向はあると言えそうです。

英語力があれば選択肢が広がる

近年、英語を公用語化する大手企業が多く見受けられます。外資系に限らず、国内の企業でも英語力は重要視されてきているようです。海外の顧客対応がある企業では、英語が話せないと使い物にならない場合もあります。
このように、今後ますますグローバル化が進めば、英語ができることが前提条件の仕事が増えてくることでしょう。そうなれば、英語力があることによって、仕事の選択肢が広がってくることは間違いなさそうです。
転職の際や社内異動の際に、英語力の有る無しによって結果が大きく左右されてしまうこともありそうです。また、仕事上で英語ができないために悔しい思いをするのも避けたいですよね。

英語力アップはキャリア・アップに欠かせない

英語力がアップすることによって、仕事の選択肢が広がるのであれば、英語力アップは最重要課題と言えそうです。
ビジネス英語で有名な英会話スクールの場合、プライベート・レッスンに週2回通った場合、毎月の費用は96,000円~126,000円で、他にテキスト代等が必要になります。トライズの場合、必要な料金は月額94,000円のみになります!

保証システムがあるので安心です!

受講してどの程度成果が出るかわからないトライズの英語プログラムに対して料金を支払うことに抵抗がある方もいるかもしれませんが、「30日間全額返金保証」、「30日以降解約返金保証」、「1年間学習しても全く上達しなかった場合の無料延長保証」といった、大変安心な保証システムがありますので、無駄な自己投資になってしまうことはありません

ビジネス英会話をマスターすることで、仕事の選択肢が広がるのであれば、トライズの英会話プログラムを始めることは、今後のキャリアを考える上でも有意義な自己投資と言えるのではないでしょうか?

【30日間返金保証】【無料カウンセリング】トライズのお申し込みはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です