恥ずかしがらずにしっかり話そう!英語の発音がうまくなるコツ

初めは流暢でなくていい、正しく、はっきりと

きちんと伝わる英語を覚えたいのであれば、しっかりと言葉の意味や言葉としての音を理解する必要があります。最初はゆっくりとでもいいので単語をはっきりと正しいイントネーションで発音することを気をつけていけば、カタコトであったとしてもきちんと相手に何が言いたいのか伝えることができるようになります。
外国人が日本語を一生懸命カタコトで話しているのをみて、相手の言っていることをなんとか理解してあげようという気持ちになるように、自分が英語を話している時にも相手もちゃんと聞いてくれます。だからうまく話そうとするのではなく、何を伝えたいのか単語でもいいのでわかりやすく発音することができれば、会話を成り立たせることは可能です。

カタカナ読みはできる限り避ける

英語を話すうえで気をつけなければならないのが、「むやみに母音を入れない」ということです。

日本人は英語を話すとき、本来母音を入れてはいけないところに入れてしまいがちです。例えば”get”を「ゲット」、”site”を「サイト」と発音してしまうことはよくあります。このように日本人は単語をカタカナ読みしてしまいがちです。場合によっては相手が言いたいことを察してくれますが、あまりにも変なところに母音を入れすぎると、まるで意味が通じなくなってしまったりするので注意が必要です。英語では単語の語尾に母音が入ることが少ないので、意識してみると英語らしい発音になり、うまく伝わるようになるコツになります。

イントネーションを大切に

ある程度英語が上達してきて初心者レベルを脱したら、英語特有のアクセント、イントネーションに慣れ、リズム感をもって話すことが重要です。
英語表現を学ぶ時も、少し長めのフレーズを、イントネーションごと丸ごと覚えられるよう、何度も口に出して練習しましょう。

恥ずかしがらずに、大きな声で

恥ずかしがらずに大きな声で発音していくことも大切です。なぜか日本人は恥ずかしがって堂々と話せない傾向にありますが、恥ずかしがらずに大きな声でリズム感を持って話すようにしましょう。
堂々と大きな声で話すことも、相手に理解してもらうための重要なポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です