海外旅行で役立つ英語フレーズをご紹介! 「機内」編

英語を勉強している方にとって海外旅行は、これまでの勉強の成果を確認できる絶好のチャンスです。英語学習のモチベーションを高く維持するためにも効果的です。ぜひ何度も旅行に出かけてほしいと思います。

とはいえ、しばらくはドキドキしながら旅行することになると思います。

そんな方々のために、「こんなときは、こう言うと便利」「こう言えば相手に通じやすい」といった、知っていると旅行がスムーズに進む英語の表現を、私の実経験を元にご紹介していきたいと思います。

 

海外旅行で、最初に英語に触れるのは「飛行機の機内」

 日系の航空会社を利用する場合はそれほどでもありませんが、旅行中に最初に英語に触れる機会は「機内」になると思います。

外国の航空会社の日本発着便には、日本語ができる客室乗務員も必ず乗務してはいるのですが、英語を勉強中の身なら積極的に英語を使ってみたいものですね。

 

機内でできるだけ快適に過ごすためには

機内では、誰かに「お願いごとを気軽にできる人」が、より快適に過ごせることになります。

初めての海外旅行をするような方は、言葉の壁に対する緊張もあって、トイレに立つことさえままならなかったりしますよね。逆に、何不自由なくリラックスして過ごしている人もいます。できれば、リラックスする側になりたいものです。

 

座席を立ちたいときは、May I? で通じる

 窓側の座席に座っていて、隣りの人に席を立ってもらいたいときは、立ちたいふうの動作と「May I?」で、分かってもらえます。

「動詞は何が適切なんだろう?」などと考えずに使えるこの「May I?」(~してもいいですか。)は、通じやすく活用しやすく、失礼にもならない言い方です。

ほしいものを指さして「May I?」と言えば、「これ、いただいてもいいですか?」となり、たいていSure.やOf course.、Please.といった快い返事が返ってくるはずです。

旅行中通して、ぜひどんどん使ってみてください。

 

「なにかをもらう」お願い表現は、Could I have~? Can I get~?

ワゴンサービスのときだけでなく、自分から客室乗務員に話しかければ、飲み物は何度でももらえます。なお、最近はコールボタンを押しても乗務員が席に来てくれない(実体験です。)ので、自分で席を立ってギャレーにもらいに行きましょう。

また、水ボトルは機内食と一緒に配られるようになりましたが、1本で我慢する必要はありません。空のボトルを差し出して、Could I have some more?と言えば、お代わりをもらえます。

なお、受け取るときには、Thank you.をお忘れなく。

 

まとめ

飛行機内で使える英語表現をご紹介してみました。

次の旅行で早速使ってみてください。狭い空間の長時間フライトが少しでも快適になれば幸いです。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です