覚えておくと安心!英語での会議で役立つフレーズ特集

今日は英語で会議です。緊張……

色々なビジネスシーンの中でも、最も緊張するのが英語での会議ではないでしょうか。日本の企業の社内会議だと、出席者の大半はじっと座っているだけで、一言も意見を述べずに終わるのは珍しくありませんが、外資系企業や外国人を交えた会議ではそう云うわけにはいきません。積極的に発言をしないと、君は何をしに会議に出てきたんだと言われてしまいますし、度重なると評価にも影響します。自分が積極的に会議に参加している(engageしている)事を示す必要があります。

 

Paraphrasing

会議中の外国人の発言を観察していると、二つのことに気がつきます。一つ目は言い換え、paraphrasingです。人の意見を受けて、同じ内容を別の言葉で、まるで自分の独自の意見の様に発言するのです。時には長い時間をかけて、延々とまくし立てます。日本人の感覚だと、短く「同じ意見です」と言えば良いものを、無駄に時間を使ってと感じるのですが、これもengageしていることをアピールする大事な手段です。

 

Absolutely!

もうひとつが、同意を示す言葉、合いの手とでもいうフレーズです。Exactly! とかAbsolutely!、あるいはDefinitely!というのが良く聞くフレーズです。どれも意味としては殆ど同じで、「その通り!」(!を感じさせるように発音するのがポイントです。)といったニュアンスで、これも日本人なら黙って頷くような時に、時には発言者を遮ってまで、わざわざ大きな声を出すのです。これもengageアピールの手段です。

 

I am not so sure.

今までは、先行者の発言に同意をしている場合の発言について纏めましたが、もし彼の発言に同意できないとき、あるいは疑問を感じるときにはどう言えば良いのでしょうか。通常英語では日本語に比べてダイレクトな表現をする事が多いので、I disagreeと言いたくなるかも知れませんが、一般的には少し婉曲的な表現をする事が普通です。I am not so sure.とかI don’t know.というのが良く使われるフレーズです。いずれも婉曲的といいながら、ニュアンスとしては明確な否定になります。が、その程度はアクセントの置き方でずいぶんと違ってきます。例えばゆっくりと引きずる様にI am not sore sure….と発音した場合には、「違うような気がするんですが、どうかな」と云うようなニュアンスになりますが、断定的に早口でI AM NOT SO SURE!の様に発音すると、「違うでしょう」になります。

このフレーズに限ったことでは無いのですが、英語では、発音の仕方で意味やニュアンスを使い分けることが多いので注意が必要です。多くの場合は聞いた感覚で理解できると思います。また発音する場合にも、意図的に発音を使い分けることが、有効なコミュニケーションの手段です。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です