迷惑かけたかも……。謝るときに役立つ英語表現

日本人は、自分が悪くないのに、「すみません」とよく口に出します。

その感覚のまま

I am sorry.

と言ったら、それは、とても危険です。

なぜなら、 “I am sorry.” とは、自分に責任があると認めたことになりますから、あなたが訴えでもされたら、裁判で敗訴する可能性が高くなりかねません。

「すみません」をいう感覚で “I am sorry.” と言わないことを、まず覚えておきましょう。

そこで、謝る言葉をまとめてみました。

 

とりあえず謝る考えは英語にはない

日本人の間では、とりあえず「ごめんなさい」と謝って、その場を収めることがよくあります。

しかし、欧米人でもアジア人でも、そんな発想をもっている人はほとんどいません。

それどころか、たとえ自分が悪いとわかっていても、その場はそうするしかなかったとかの言い訳を一生懸命しようとするのが一般的です。

なので、そもそも、謝る言葉を英語でいう機会が少ないことを記憶しておきましょう。

 

ちょっと悪いと思った場合

そうは言っても、会社の廊下ですれ違う時に肩がぶつかった時には、謝らなくてはなりません。

そんな時は、

「すいません」

Excuse me.

と、軽く言ってみましょう。

 

また、話していて、相手の英語が聞き取れなかったら、

Sorry?

と、語尾を上げて言ってみましょう。

これだけで、相手は、今言ったことを、もう一度言ってくれるはずです。

なぜなら、この一語だけで、

「聞き取れなったのですが、もう一度言ってくれますか?」

という意味だからです。

語尾を上げないとこの意味になりませんので、きちんと上げて言いましょう。

 

お礼の言葉で代用できないか考える

場合によっては、そもそもあなたが謝る必要がないかもしれません。

日本人の「すいません」は、英語ではお礼の言葉で置き換えられることが多いからです。

人に何かをしてもらったら、「すいません」という日本人は珍しくありません。

日本人の同僚があなたの仕事を手伝ってくれたら、

「すいません」

と言っても、不自然ではありません。

 

こんな時、英語では、

Thank you.

(手伝ってくれて)「ありがとう」

 

Thank you very much.

(手伝ってくれて)「どうも、ありがとう」

と言うのが自然です。

 

どんどんThank you.と言ってみましょう。

 

相手に謝る表現のまとめ

“I am sorry” は、自分が訴えられても仕方ないと思うくらい、自分が悪い場合にしか使わないようにしましょう。

ちょっとしたことで謝るときには、Excuse me.を使いましょう。

聞き返すときの “Sorry?” は語尾を上げて、もう一度言ってほしい時に使いましょう。

そして、お礼代わりに使っている「すみません」は、 “Thank you”と、お礼の言葉をきちんと言いましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です